「Relax」ご予約開始です!

下記のショップ様にて新作「Relax(リラックス)」の
ご予約が始まりましたので、まずはそのご案内から。

 

●OPA!(オーパ!)
 https://www.opa-fishon.com/SHOP/sh90215.html

 

●Y-STYLE(ワイスタイル)
   http://www.y-style.info/index.html

 

既に「完売」の表記となっておりますカラーもございますが、
私の手元に少々の在庫がある場合もございますので、
ご希望の方は是非一度ショップ様にお問い合わせ下さい。

また、Y-STYLE様よりご予約開始と共に今回も嬉しいコメント付きで
「Relax」をご紹介して頂いております、いつもありがとうございます。
実際にキャストして頂き、ルアーの特徴を的確にご紹介して頂いております、
Y-STYLE様ホームページの「ワイスタニュース」必読です!

さて、いよいよご予約が始まりましたので、
ご購入の際の参考になるように各カラーの詳細をご紹介したいと思います。

 

●ナナホシテントウ(7TEN)

Relaxの形状から「甲虫が欲しい」と思い、中でも親しみがあって、
尚かつ特徴的な模様を持つ「ナナホシテントウ」を選びました。
となれば、生物学好きの私は色々と凝りたくなってしまう訳でして、
例えばテントウ虫のあの「赤」の再現について。

忠実な赤色(朱色?)のペイントも試してみて、
確かにリアルなのですが……ちょっと違う(笑)
色々試した結果、今回は下地のバルサが透けて見える赤に決めました。
重ね塗りの透明赤に木材特有の「見る角度による色の変化」が反影されて、
忠実なベタ塗りよりむしろ生っぽく見えます。
余談ですが、黒い斑点模様を付ける前は
「……りんご飴みたいやん」と、ひとりで思ってました。

背中が賑やかなので、お腹はシンプルに「真っ黒」に仕上げています。

 

●キナリ・ナナホシテントウ(ki_7TEN)

ナナホシテントウの「赤以外」のカラーが欲しくて、
黄色やらオレンジやら、はたまた羽化直後のリアルカラーなど
色々と思案したのですが、今回「未塗装」だったテストモデルで
かなりの良い釣果だったことを踏まえ、
「ナナホシテントウ」×「キナリ」で出来上がったこのカラー。
色のコントラストだけで言うと6色中最も強いカラーです。

カラーチャートではいつも通りの「キナリ」に見えますが、
実は木目の部分全体に少量の小さな「金ラメ」が吹き付けてあります。
接写で撮影してみたものの、写真ではどうしてもお伝え出来ないので、
これはもう、このカラーを手に取って頂いた方のお楽しみという事で。
細かいラメが控えめにキラキラします。

今回この「ナナホシテントウ」を塗るにあたって
久しぶりにテントウ虫をじっくり観察してみたのですが、
私の記憶の中の単純な「黒い斑点」なんかより、形状も配置も
ずっと複雑である事に気付き、その辺りも再現してみました。
もちろん、必要なディフォルメを加えつつ、ですが。
「黒い斑点」それぞれの形状の違いも見て頂けたら嬉しいです。

 

●グリッター・ハナムグリ(g_HANA)

ふたつめの甲虫カラー「ハナムグリ」です。
こちらも比較的、皆様に馴染みのある昆虫ではないでしょうか。
モデルは実際に私が飼育している「シラホシハナムグリ」ですが、
種類が多いので総称して「ハナムグリ」とネーミングしています。
どの方法で再現するかを最後まで迷っていたカラーで、
最終的に「グリッターベース」となりました。

グリッターカラーなので、茶色いお腹もキラキラしています。
初期段階では腹部の蛇腹模様があったのですが、
必要以上にリアルになったので、本番では却下となりました。

ちなみに今回のモデルになった「シラホシハナムグリ」と、
名前も見た目もそっくりな「シロテンハナムグリ」という種がいますが、
今回は「シラホシハナムグリ」です(←無駄なこだわり)。

 

●グリッター・アマガエル・アザンティック(g_AMA_axanthic)

「Zipper」や「Panic」でもご好評を頂きましたアマガエルカラー、
今回はグリッター・アマガエルの「バージョン違い」をペイント。
色素を持たない「アルビノ」は聞き覚えのある方も多いと思いますが、
「アザンティック」は「黄色色素だけを持たない」個体のことです。
黄色色素を持たないので、黄緑色のアマガエルは美しい水色になります。
残念ながら私も自然界ではまだお目にかかった事はないのですが、
本当に珍しい個体なので、もし出逢えれば幸運が訪れると言われています。

実際の「アザンティック」アマガエルはとっても鮮やかな水色ですが、
今回はグリッターベースの水色で仕上げています。

普段は「クリーム色」を使うカエルのお腹も、
今回は「黄色」を引いた「真っ白」を採用、水色の足が付いています。

 

●パール・ネオン(p_NEON)

今回唯一「生物」ではないカラー、パール・ネオン。
カラーチャートではただの白に見えてしまいますが、
6色の中でも派手、というか、目がチカチカする感じで、
今回私がどうしても欲しかったカラー。
ローライトでの使用時に最も視認性に優れたカラーリングになっています。

写真では伝わりにくいのですが、ボディー全体が
「ピンクパール」の塗装によってボワッと光って見えます。

魚からいちばん見えるお腹も全てパール、
膨張色といった意味でも、かなりアピールの強いカラーです。

 

●マウス(MOUSE)

もう何年も前からカラーラインアップに上がっていて、
形状や使用パーツとの兼ね合いでずっと見合わせていた
「マウスカラー」を、今回ついに塗ることが出来ました。

この「マウスカラー」のみ、通常の「ペラ仕様」ではなく
「革製の尻尾」をセッティングしてあります。
ボディーより長いこの尻尾に水を含ませると、
ルアーの動きに連動してクネクネと艶かしく動きます。
「Relax」はもともと控えめサウンド設定ではあるのですが、
ペラ仕様より更にナチュラルにアプローチしたい時に活躍します。
※尻尾と同じ革製の「耳」も付いています。


クリーム色のお腹にネズミの足。
シンプルホープのロゴは黒です。


といった感じで、各カラーを個別にご紹介致しましたが、
ナナホシテントウやハナムグリのおかげで
とっても「春感」が強いラインアップになっている事に
今気付きました。意図したわけでは全くありませんが、
活躍の季節はこれからやってくる「春」になると思いますので、
ちょうど良かったかな(笑)


「ただ巻き」でしっかり釣れる「Relax」
皆様の春からの釣りに是非是非ご準備下さい!

シンプルホープ 金谷直樹

 

| - | 14:59 | - | - |
新作「Relax」詳細。

まずは再度広告から。
新作の名前は「Relax(リラックス)」

以下「Relax」の詳細です。
小さな文字でかなり細かく書いてしまっているので、
「ややこしい説明はええねん!」という方は
下の方のカラーチャートまで一気に進んで下さいね。
(本日はチャートのみのご紹介ですが、カラーについては
後日、6色それぞれについてお話したいと思っております)


「Relax」の容姿


丸いボディーに大きめのアルミリップ。


背中はこんな感じ。ペラが少々変わった位置に付いているのが
お分かりかと思います(一部カラーは仕様が異なります)。


フラットなお腹にトレブルフックが1本、
テストを続けた結果のシンプルな設定です。

今回は意図せず、6色中5色が生物カラー(笑)
この辺りも後日、個別のカラー紹介でゆっくりお話出来ればと思います。

ショップ様には本日サンプルを発送させて頂きましたので、
お取り扱いが確定しました順にまたこちらでご報告させて頂きます。

発売は2月末を予定しております、ご予約が始まりましたら是非お早めに!

 

シンプルホープ 金谷直樹

| - | 01:16 | - | - |
お待たせ致しました。

前回のブログ更新からしばらく放置状態でしたが、
その間も黙々と作業を進め、
ようやく皆様にご紹介出来るところまで来ました。

取り急ぎ、新作の広告(←さっき出来たばかり!)を。

近日中にルアーの詳細やカラー紹介、
また発売に関するご案内もさせて頂きます、
皆様ぜひお楽しみに!

| - | 02:19 | - | - |
遅くなりましたが新年のご挨拶を。

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
年末のご挨拶も出来ないまま年が明けてしまいましたが、
本年も何卒宜しくお願い致します。

 

 

毎年のことながら「年末だから」とか「年明けだから」とか、
特別な感じは特に無く(笑)新作の完成に向けて
ひたすら作業の毎日であります。
進行状況としましては下地のコーティングが完了し、
テンプレートの制作に少々時間がかかってしまいましたが
いよいよカラーリングが始まります。

実は今制作中の新作は、昨年発売致しました「Panic」と
ある意味「対(つい)」となるルアーで、
テスト段階から並行制作していたものです。
「Panic」を「点」の釣りだとすれば、新作は「線」の釣り。

内蔵はもちろん、今回は一部金属パーツまで
全て手作業で作っておりますので、
これまで以上に手間と時間のかかるルアーとなっております。
テスト段階ではシンプルホープ史上最も早く、
そして最も多くのバスを釣り上げた自信作。
なるべく早くご紹介出来るように制作を進めておりますので、
皆様ぜひご期待下さいませ!

 

シンプルホープ 金谷直樹

| - | 17:51 | - | - |
作業の進行状況と、2018年の釣果。

現在制作中の新作、ようやくハンドカービングの行程が完了し、
まもなくコーティング(まずは下地)作業に入ります。
その前にまだ、樹脂アイや各パーツの取り付け位置に
マーキングをする行程が残っていますが、
長かったカービングが終わるとちょっと一息といった感じです。
その休憩時間(?)にこうしてブログの更新をしておりますが、
今年もそろそろ釣果報告(総括)を。

総括……え、もうそんな時期かぁ、早い早い。
今年はとにかく天候に大きく左右された私の釣行&釣果でした。
長年の定番ポイントや、昨年新しく見つけた良いポイントも、
続いた大雨や大きな台風の影響ですっかり沈黙した場所が多く。
特に台風の影響は大きくて、地元の人に聞いても
「地形が変わるほどのこんな大波は初めて」ということ。
確かに、砂浜がごっそりと消失してしまったところもあり。
思い描いていたプランがすっかり崩れてしまったわけですが、
なんとか釣り上げたバスの中から「40over」で、
尚かつ手元に写真が残っていたもののみ、
一気にご報告です。枚数が多いのでサラッとご覧下さ〜い。

……ワームもあるよ(笑)


2018年の初バス(←違う写真でご紹介済み)47cm。

 


自己新記録の63.5cm。
初バスと同じく、釣り上げた時のブログで一度ご紹介していますが、
まだ嬉しいので写真を変えて再度ご紹介。

 


ミノーをトップウォーター的に使って47cm。
少々地味なので滅多にしない釣り方です。

 


44cm。昨年同様、このサイズはたくさん釣ったので
記憶の薄い……ちょっと申し訳ない感じの1本。

 


波の静かな夜に、ポッパーでドカンと出た46cm。

 


同じくポッパーで44cm。
月の明りでバイトシーンも鮮明でした。

 


安定のバド(大音量改造)51cm。
しばらく使っていませんでしたが、やっぱり釣れる。

 


制作中の新作(最終テストモデル)にて、50cm。
(詳細をご紹介出来るまでしばしお待ち下さい)

 


同じく、
制作中の新作(最終テストモデル)にて、46cm。
(詳細をご紹介出来るまでしばしお待ち下さい)

 


ここから3匹、似たようなアングルが続きますが、
45cm。

 


41cm。

 


45cm。

 


その日は何処に、何度キャストしてもバイトが無く、
「……今、ワームとか投げたらどうなんだろう」と
悪戯心で久しぶりに試したら、1投目で来た46cm……苦笑い。
トップウォーターの楽しさが「異常」なだけで、
バス釣り(ルアー釣り)はどれも楽しい。
ワームのアタリが面白かった事を思い出した1本。

 


(前の写真の続き→)とか言いながらやっぱり悔しくて、
同じ日の夕方に再度トップウォーターでリベンジ(笑)
今年の締めくくりにボカンッ!と出てくれた52cm。
めっちゃ引いたのに上げてみると随分と痩せてて……
なんかごめんなさいっ(汗)

他に、テストモデルでバラした50overが数本っ!
そのシーンを思い出すと今でも本当に悔しいのですが、
おかげで新作の「改善点」が見つかったので良かった、と、
何度も自分に言い聞かせています。

それと(写真は割愛致しますが)ナマズは今年もたくさん
釣り上げました、それはもうかな〜りロングなヤツも。
大きなサイズが釣れると引きも強くて、ナマズかなり楽しいです。
来年はバスと並行して、ちょっと本気で大物狙ってみようかな、
とか思っています。

以上、今年の釣果報告でした。
まだまだ釣り足りない気分はグッと堪えて、
引き続き、作業頑張ります!

シンプルホープ 金谷

 

| - | 02:59 | - | - |
| 1/30PAGES | >>