<< なんとか、動ける。 | main | チカラ。 >>
叶う。
一昨日の夜、琵琶湖にて62cmのバスを釣ることが出来ました!



ヒットルアーは前回の自己記録更新の時と同じくビッグバド。

ただし今回のは随分といじってあります。

一般的なブレード周辺の改造だけでなく、主に内臓をあれこれ。

とにかく……大音量仕様(笑)



なんとも大きな口、魚食魚特有の魅力的な造形。

フックを外したあとはいつも通り

フィッシュグリップから手持ちに変えたのですが、

片手では持っていられないくらいの重さでした。



あまりの強い引きに、途中からラインがキィキィと鳴き始めたので、

釣りの間は常に締めてあるドラグを、久しぶりに少し緩めました。

重々しいジャンプの度にバドの内臓が大音量で鳴るものだから、

笑ってる余裕なんてないはずなのに暗闇でずっと半笑い(笑)


バス釣りを始めた20数年前、50cm以上の“ランカーバス”を釣ることは、

ある意味(少なくとも当時学生だった私の周りでは)夢のようなことでした。

なので初めての50overを釣った場所やルアーは、

その興奮と一緒に今でもハッキリと覚えています。


そんなバスも今やロクマル・ナナマルの世界……なんだこの呼び方(笑)

もちろん、今でも50overにはおおいに興奮しますが、

60over・70overがいるなら、やっぱり一度は釣ってみたい。

数年前からのそんな願いが一昨日の夜、ひとつ叶いました。


その昔、初めての50overを釣ってからというもの、

それまでが嘘のように50overが度々釣れるようになったのですが、

さて、今回の60overではどうでしょうか。



バスの重さと興奮で手足プルプルになって座ってます(笑)

真っ暗の中、必死に撮影してくれた同行者に、多謝っ!!


| - | 19:31 | - | - |