<< 「Zipper」釣果報告! | main | 「Zipper」ご紹介、その4(の続き)。 >>
「Zipper」ご紹介、その4。

各ショップ様のHPにてご予約を受付けて頂いております。

嬉しいことに、初の「追加注文」も頂いております。

今回はショップ様によってカラー毎の入荷数が異なり、

ご希望のカラーが「在庫切れ」等の表示になっておりましても、

私の手元に各色少々の在庫がございますので、

併せてショップ様の方にご確認下さいませ。

さて、本日はカラーの詳細をご紹介致します。

既にお伝えしております通り、今回は6色展開です。

まずはボーンカラー3色から。

●カオリナイト・ゴールドボーン(KN_GB)

磁器の材料となる鉱物「カオリナイト」。

ややアイボリーだった「テマジロウ」の時よりも白くなりました。
この写真ではかなりクリーム色に見えますが、真っっ白です。

そして今回の方が私のイメージする「カオリナイト」に近い白です。

両サイドに金色のボーンカラー。

フラットな背中には、パールホワイトのスケールが

吹いてあります。シンプルホープのロゴは水色、

水色樹脂アイと色調を揃えてみました。


●ベニイモ・ブラックボーン(BENI_BB)

やや紫がかった濃いピンク色に黒のボーンカラー。

ネーミングは制作途中、まだボーンカラーを施していない時の姿が

沖縄の銘菓「紅芋タルト」のようで(笑)

制作中ずっと「紅芋タルト食べたい!」「沖縄行きたい!」

……と、ひとりで思っていたのはこのカラーのせいです。

画像では少々見えにくいですが、背中にはパールピンクのスケール。

シンプルホープのロゴは白です。


●キナリ・バブルガムボーン(ki_BGB)

テスト中にこのカラーを使ってたくさんのバスが釣れたので、

代表として広告に使いました。テスト中のカラーリングから

少し進化して、更にバブル(風船)ガムっぽくなりました(私基準)。

バルサの木目を活かしたベースに、派手な蛍光ピンクのボーンカラー。

シンプルホープ2色目の「キナリカラー」です。

進化のひとつ、テスト中には無かった背中のマジョーラ塗装。

このカラーリングに決めた時、ある程度覚悟はしていたものの、

マジョーラがここまで高価な塗料とは思っていませんでした(笑)

角度や光源の違いによって、

色が変化します。

楽しくてついルアー以外の色んなものにも塗りたくなります。

写真ではこれが限界でしたが、実物は本当に、

面白いくらい何色にも色が変化します。

私はこの背中だけを1時間くらい見ていられます、たぶん。

色の変化を(釣り人にもバスにも)しっかり楽しんでもらいたいので、

スケールではなく鼻先からお尻まで帯状に吹いてあります。

シンプルホープのロゴは黒です。


ちょっと長くなったので、

残りの3色は次回に続く、ということで。
すぐにアップ致します!
 

| - | 02:49 | - | - |