<< 新規お取り扱いのショップ様、ご予約開始です! | main | 嬉しいコメントと、ちょっとしたお知らせと。 >>
「Shake」カラーラインアップ(詳細)のご紹介。

お待たせ致しました、新作「Shake」のカラー(全6色)を
個別にご紹介させて頂きたいと思います。
ご予約をお考えの方、参考にして頂けましたら幸いです。

今回のカラーリングは「Shake」のメインアクションとなるロールと、
それに伴う明滅効果、更には“超”フラットサイドを活かせるような、
色んな意味で「挑発的」なラインアップとなっております。

※撮影のためフック未装着のルアーを使用しています。
※お使いのモニター環境によって色味が多少違って見える場合がございます。

 

●レオパード(LEO)



ご覧の通り、派手なヒョウ柄です。
普段の私の服装をご存知の方々は、このカラーリングを見て
「やっと来たか」とか、「ついにやってしまったか」とか、
色々と思われるかも知れません(笑)
テスト段階でも左右の面のヒョウ柄が交互にチカチカと明滅し、
単なる「派手」ではなく、バスの目から見ても
なかなか刺激的なカラーになっていると思います。


ベースは全体的にクリーム色ですが、よく見ると
背中からお腹にかけて徐々に色が淡くなっています。
ちなみに今回は「ヒョウ」ではなく「ヒョウ柄」です。


口の部分はオレンジ。


背中は視認性の高いクリーム一色です。


背中より明るいクリーム色のお腹にはゴールドのロゴ。

 

●パール・スノーレオパード(p_SLEO)



ラインアップにレオパードが決まったと同時に、
「だったらこれも外せない」とすぐに確定した
このスノー・レオパード(雪ヒョウ)。
スノー・レオパードのイメージをより具体的に表現するために
ベースをホワイトパールにすることは最初から決めていました。
真っ白のパール、でも悪くはなかったのですが、
私の持つ「雪の色」のイメージはもう少し複雑だったので、
真っ白パールに色違いのパールを少量だけブレンドし、
光りの加減でキラキラがグリーンやピンクにも見えたりします。
こちらも「ヒョウ」ではなく「ヒョウ柄」です。


最近お気に入りの全体的にボワッと光るパール塗装、
少ない光量でもボワッと自然な感じでアピールするので、
よくマッディーウォーターで有効な色だと言われます。


口の部分は薄めのブルー。


背中はシンプルなパール1色、こちらも視認性高めです。


お腹のロゴはゴールド。

 


2色のLEOをセットで揃えてみるのも可愛いですよ!

 

●パール・ミント・ゴールドボーン(p_MGB)



今回の広告写真で使用したこのボーンカラー。
「Zipper」以来、久々のシンプルホープ・ボーンカラーです。
きっとフラットサイドに似合うと思いラインアップに加えましたが、
次に出てくるグリッター・パープル・クリームボーンと併せて
最後の最後までベースと骨の色の組み合わせに悩んだカラーでした。
このパール・ミント・ゴールドボーンはグリーンのパールがベース、
さらにその上から淡いクリアグリーンを吹くことで
「ミント」のイメージを表現しています。


リップに使用している淡いグリーンの基盤素材と
ある程度“一体化”するようなイメージで進めたこのカラー、
最終的に上手くまとまったかな……と、自分では思っています。


背中はミント1色。グリーンのパールが奇麗です。


お腹はお尻の方にかけてクリアイエローのグラデーションになっています。
この辺りは広告写真では見えない部分ですので、ここでちゃんとご紹介。
オレンジのロゴと相まって、どこかトロピカルな感じがします。

 

●グリッター・パープル・クリームボーン(g_PCB)



今回のカラーラインアップの中で最も説明しにくいのがこのカラー。
6色の中で「暗い色担当」のグリッター・パープル・クリームボーンは
写真ではほとんど「黒」に見えるかと思います。
実際もかなり濃い色のパープルで、グリッターと名前はついておりますが、
これまでのグリッターカラーのようにギラギラするわけではありません。
一見すると真っ黒、でも太陽光など強い光りの下では
濃いパープルの奥にグリッターベースがキラキラと見え隠れします。
「黒」という認識で使って頂ければ間違いないと思いますが、
ただの黒とは違う、ひっそりグリッターの効果をお試し下さい。


光りを当てて撮影してみたのですが……見えますでしょうか(汗)


背中も同じく濃いパープル。


ロールアクションを意識して、お腹はシャンパンゴールド。
この部分だけはこれまでのグリッターカラーように
ギラギラしているので、ロール時に明滅効果大です。
ロゴは赤に近いピンク。

 

●グリッター・マザー(g_MOTHER)



ネーミングから気付いて頂けましたでしょうか、
このカラーは、もう説明しないでおこう、とも思ったのですが、
どうしてもお話したくなってしまったので(笑)
そうです、子供(小魚)を5匹連れた母親の魚です。
子供がある程度のサイズに成長するまで
親にぴったりくっついて離れない魚種がいますが、
まさにそのイメージです。
ベースはシルバーグリッター、ギラギラです。


右側面には2匹の子供。
母親につきまとう、計5匹の小魚のシルエットは、
実はバイトマーカーの役割も果たしています。


広告写真では見えないのですが、背中からお尻にかけて
ホワイトのグラデーションスケールが入っています。


こちらもロールアクション時の明滅を意識して、
お腹だけ差し色のローズレッド。
バスからの目線だとローズレッドとシルバーが
目まぐるしく反復します。ロゴはゴールド。

 

●ネリモノ(NERI)



……かまぼこ、です(笑)
こういったカラーリングは滅多にしないのですが、
今回はあまりにも形状が似過ぎていました。
なので早い段階からカラーラインアップに登場、
最後まで頭から離れなかったのです、かまぼこが(笑)
ルアー史上初の“かまぼこ”だと思うのですが、
もし他にありましたら是非ご一報ください、興味津々です。


口元、かまぼこがカットされた部分も再現。


背中は、まぁ、こうなるでしょう、かまぼこですから。
沢山並べると切る前の(棒状の)かまぼこになります。


きっと誰も気付いてくれないと思いますので自分で言います、
ロゴは“わさび”色。


いえいえ、ただのパロディーカラーではありません。
ローライトでも視認性に優れたピンクの背中に加え、
白い部分には実は“ほんのりパール”が吹き付けてありますので、
釣れる要素がいっぱいのカラーリングであります、たぶん。

ちなみに、まだブラックバスが個人で勝手に飼育出来たその昔、
生き餌の代わりとなるエサとして“かまぼこ”を切ったものが良いと、
ある雑誌に紹介されていました。
私は残念ながらバスを飼育したことはないのですが、
バスが人口のエサに慣れるまで短冊状に切ったかまぼこを
ワームのように動かして与えるのだとか。
このカラーを塗りながら、そんな昔話を思い出しておりました。
大丈夫、短冊状に切ったり、ワームのように動かしたりしなくても、
シンプルホープのかまぼこは巻くだけで水面を派手に泳ぎます(笑)

 


ついつい長くなってしまいましたが、少しでもご購入やご使用時の
参考にして頂ければと思います。

個性的なカラーリングの新作「Shake」はまだまだご予約受付中、
お探しのカラーがございましたら是非お急ぎ下さい!

シンプルホープ 金谷直樹

 

| - | 18:07 | - | - |