<< ちょけてみた。 | main | 速報!ザウルスキング様よりご購入頂けます! >>
新作「Shake」本日発売!そして恒例の後日談。

本日、各ショップ様に到着予定の新作「Shake」、
店頭に並びましたら是非手に取ってご覧頂けましたら幸いです。

さて、発売日を迎えましたので恒例の後日談です。

以前のブログにて少しお話しました「新しいチャレンジ」とは、
フラットサイドルアー、それも水面でキレキレの
ロールアクションをするルアーの制作のコトでした。
広告にもありました犬が濡れた体をブルブルと回転させる
「Dog Shake」を最初にイメージした時から、
思っていたよりずっと困難な道が待っておりました(笑)

完成したものはとってもシンプルな形状で、
「あっという間に出来てしまった感」さえ出しておりますが、
そこに至るまで本当にたくさんのテストを繰り返しました。

一部をご紹介。
これ以外にも(とてもお見せ出来ないようなものまで)
まだまだたくさんあり、これまでで最も多くのテストモデルを
制作したように思います。というか、失敗続きで(汗)
ある程度は動く、悪くない、でも「Dog Shake」ではない、、、
ずっとそんな繰り返しでした。

ウエイトの配置も何度修正したか分かりません、
スタート時点ではこんなにシビアだとは思ってもみませんでした。

フラットサイドという形状や使用するリップの大きさから、
ある程度の重さが無いと遠投出来ず「使い物にならない」ことは
すぐに予想出来たので、必要な浮力やアクションを確保できる
ギリギリのところまでウエイトを仕込んであるのですが、
これがまた完成までの道のりを困難にした理由のひとつでした。
ボディーが軽いとアクションは比較的簡単に軽快になりますが、
重いボディーでキレキレの「Dog Shake」を再現する為には
ミリ単位以下のウエイト位置調整が必要でした。

そして広告でもご紹介していた基盤素材によるリップ。

これも一部のご紹介になりますが、ボディー形状やウエイトの配置と併せ、
「……無限か? これ、無限なんか?」と思ってしまうような
多くのパターンの中から自分なりの「正解」を導きだすまでに
かなりの時間を使ってしまいました。

最終的に納得のいくカタチで完成した「Shake」ですが、
そこに至るまでは「しばらくフラットサイドはやめとこう」と
思ってしまうくらいの長〜い道のりでした。
しかしながら、フラットサイドのルアーが持つ強い集魚力は
これまでの釣りを通して私も実感しておりますので、
またいつかチャレンジしたいジャンルでもあります。
「Shake」の制作途中で思いついた案もいくつかありますので。

……まぁ、でも、しばらくはやめとこう(笑)


〜奥の手アクション〜

リトリーブ速度を変えてシンプルに使って頂きたい「Shake」ですが、
じつは奥の手(?)アクションとして「クビフリ」がございます。
この「クビフリ」が普通のそれとはちょ〜っと違いまして、
まるでカップを備えたポッパーのような「ポップ音」を発生します。
速度を変えたリトリーブにこの「クビフリ(ポップ音)」を
交えることで、より多彩にバスにアプローチできますので、
少々のコツが必要ですが是非チャレンジしてみて下さい。

 

ご予約期間が過ぎてからご覧になった方、
カラーによってはまだ間に合いますので
是非ショップ様にお問い合わせ下さいませ!

シンプルホープ 金谷直樹

| - | 16:41 | - | - |