「ようやく」が、ふたつ。

ひとつめの「ようやく」。
新作の下地処理がようやく終わり、あと数回のコーティングで
いよいよカラーリング行程に入れます。
毎度のことながら広げるだけ広げたカラーラインアップも、
予定の数までなんとか絞れましたので、
あとは……あ、テンプレートまだだった(汗)

ふたつめの「ようやく」。
ことごとく弱々しいバイト続きで少々心配しておりましたが、
先週辺りからようやく強烈バイトが増えてきました。
今年はどうなることかと思っていましたので、これでひと安心。

メガバイトでの50overも何本か上げておりますので、
その中からいくつかご紹介です。

Panic(HM)53cm
1回目の激しいバイトでルアーを吹っ飛ばし、
直後のワンアクションで2回目の強烈バイト。
ジッパーサウンドにかなりご立腹のようでした(笑)
こういうシーンには何回遭遇してもドキドキします。

しっかりしたバイトでは、ちゃんとフロントフックに
かかってくれますね。50overの引きにマスタッドの
ダブルフックが開いておりました(汗)カップが無かったら
外れていたかも。よく見るとヒートンも少々回っています。
大物を何本か釣り上げるとこんなふうに緩んでしまうことが
ありますので、心当たりのある方はチェックしてみて下さい。
もし緩んでいる場合は元の位置まで締め込む必要がありますが、
その時に少量だけ瞬間接着剤を使うとより安心です。
いずれもルアーが完全に乾いている時に行なって下さいね。

Relax(g_HANA)52cm
遠投から半分くらい巻いてきたところで
水柱が上がるくらいに派手なバイト。
バイトが派手過ぎると食べ切れてない時も多いのですが、
今回はがっちりフッキング出来ました。
ドラグはいつも強めに締めているのですが、
かなり強い引きにギリギリとラインが出ていました。

Panic(HM)50cm
先週辺りから急に藻が増え始めたポイントで、
なんだかザワザワしている藻の向こう側にキャスト。
1投目、思った通りにで出てくれました。
手前が藻だらけだと、引きを楽しめないのが難点ですね(汗)

〜おまけ〜
釣りの途中、足元でガサガサガサっと大きな音がするので
ライトで照らしてみると……

……スッポン!(笑)
こんな立派なのがいるんですねぇ、
ゆっくりと琵琶湖に入り、悠々と泳ぎ去りました。

 

| - | 00:17 | - | - |
歯形。

ルアー制作以外のお仕事で少々バタバタしておりましたが、
作業再開しております。

カラーリング前の下地にかなりの時間がかかりそうですが、
仕上りのコトを考えると、ここはとっても大切。
いくら時間がかかっても地道に頑張ります。

で、隙を見つけて夜な夜な近くのポイントに通っておりまして。
そこは滋賀県に工房を移してから見つけたポイントで、
そんなに広くはないのですが、新作のテストや、
夜中に私ひとりで遊ぶには十分、なにより近所(笑)
しかも、なぜか釣れれば必ず40overという好条件!

関西も間もなく梅雨入りと言われておりますが、
今年は梅雨入り前にそこそこの釣果を出せておりますので、
軽く中間報告させて頂きます。

まずは現時点での今シーズン最大魚。

56cm
先のブログでもお話しましたが、
今年はやはり出方が……ことごとく大人しいっ(汗)
かけてしまえば、そこは流石に50over、
かなり引いてくれるのですが、トップウォーターですからね、
それだけで良いのかなぁ………良いか(いや、あかんやろ)
ヒットルアーはもう何年も勉強&研究中のカテゴリーのもので、
ようやくやりたいことが固まってきた(絞れてきた)感じです。
次回か、その次か、そのまた次か、まだ分かりませんが、
いつか皆様にお届け出来るように仕上げて行きたいと思っています。

ここからは「Panic」と「Relax」で釣った40overをいくつかご紹介。
ポイントが同じ、時間帯もほぼ同じ、魚のサイズも近いし、
何より撮影者(私)が同じ、なので、
なんだか代わり映えのしないトリミングの写真ばかりですが(笑)

Panic(HM)46cm
ポーズしっかりめのスローテンポなお辞儀アクション、
そしてやっぱり、静かに吸い込むような弱々しいバイト。

Panic(HM)47cm
上の写真のバスを釣った後すぐ、
似たような大人しい出方で来た1本、1cmだけサイズアップ。

Relax(g_HANA)47cm
更に上の写真のバスを釣った後すぐ、
今度は少しだけマシな出方の47cm。
バスの口にしがみつくハナムグリ……あぁ……可愛い。
シーバスのようなシュッとした顔つきのバスだったので、
ハナムグリと一緒に顔のアップ。

Panic(HM)44cm
深夜、珍しく波風一切無し(←いちばん好き)の状況で、
またしても弱々しいバイト。波が無くても集中してないと見逃します。

Relax(p_NEON)52cm
これは昨夜の50over。色々投げてみたもののバイトが無く、
リラックスに変えたら1投目で来ました。
派手さはありませんでしたが、ひったくるような元気なバイト。

丸いリラックスが口にすっぽり(笑)

他にも良いサイズをたくさん釣ったので、
歯形もたくさん付いているのですが、
バイトが浅くリアフックでのフッキングが多かったせいで
特にパニックに付いた歯形はボディー後半に集中しています。
……よりによってせっかくのマジョーラネームの辺りに(笑)

現在進行中の新作はもちろん、
「Panic」「Relax」も、琵琶湖で長い間テストを繰り返し、
何度も修正を重ね、自信を持って皆様にお届けしております。
今シーズン是非お試し下さい!

 

| - | 22:56 | - | - |
進展と、初バスと。

気付けばもう6月、ブログをアップしたいと思いつつ、
しばらくバタバタしておりました、ごめんなさい。

進行中の新作ルアーですが、その後無事にテストを終え、
ひたすら続いた成形の行程も間もなく終わりそうなので、
いよいよコーティング(下地)作業に入れるかと思います。
今回はこれまで私が作ったことの無かった形状のルアーで、
量産に移った途端にあれこれ戸惑う場面が重なり(汗)
おそらく今後の塗装やコーティングの行程でも同じように
「え、どうすんのコレ……」が多発する予感がしておりますが、
それも含めて新しいチャレンジはやっぱり楽しいです。

今年の本シーズンに間に合うように進めております、
少しずつですが進行具合はまたこちらでご報告させて頂きます。

で、そんな作業の合間に「テスト…そう、これはテストなんだ」と
自分に言い聞かせながら、軽くタックルを持って深夜のポイントに。
5月中旬のお話(古っ!)ですが、今年の初バスです。

安定のバド(大音量改造)で初バス45cm。
なんだか弱々しいバイトで、集中してなければ見落とすところでした。
とにかく、これで今年も一安心。

で、味を占めて先日再び同じポイントへ。
「テストだから」とか言い訳も無しで、もはやただの釣り(笑)
波もなく奇麗な湖面だったので「Panic」HM(ハーフムーン)の
蓄光部分に少しだけライトをあてて1投目……

遠くの着水地点から数回のお辞儀アクションで出てくれた46cm。
またしても出方が弱々しかったのですが、今年の傾向なのでしょうか、
もう少し釣ってみないと分かりませんが……困る。
とにかく、いつものような派手なバイトではなかったので、
リアフックがトレブル&フェザー仕様でなかったら、
ひょっとすると上手くフッキング出来てなかったかも知れません(汗)

釣れちゃったからなぁ、また行きたいなぁ……

……あかん、作業作業。

 

| - | 20:48 | - | - |
ご紹介、ふたつ。

毎日少しずつ温かくなってはきているものの、
トップでゆっくり楽しむにはまだまだ寒い琵琶湖でございます。
この時期は特に日中の風が気まぐれに強くて、
水面もザワザワ、時にはザッパンザッパン。
なのでテスト以外ではあまり釣りに行かない私。
早くギラギラの夏にならないかしらと思いつつ、
デスクワークに励んでおります。

「Relax」の発売以降、色んな方から嬉しいお便りを頂戴し、
現在進行中の次回作にも益々力が入ります。
ただこの次回作、現在ちょ〜っと難航中でございます。
この難航具合も、また後日談で笑って話せると良いのですが。
机の上は良い結果の出なかったテストルアーで山積みです。

さて本日はご紹介をふたつほど。

まずは「リーダー」のお話。
PEラインをメインに使うようになってから、
ただ巻きルアーでは必ず使っている「リーダー」があります。

通常PEラインで使用する「リーダー」というと、
ばらし防止の「ショックリーダー」というのを良く聞きますが、
こちらはナマズ用のワイヤーリーダー。
ガッチガチのワイヤーなので一切伸びません。
なので、ばらし防止のクッション要素はゼロなのですが、
もともとクッションがなくても不自由はしていなかったので、
とにかく丈夫なこのリーダーを長年愛用しています。
目的は着水時にPEラインがフックやリップに絡んでしまわないように、
また、もし絡んでしまった場合でも回復しやすいように。
それからやっぱり、大物とのやり取り時の安心感。
50lbを超える強さのPEラインを使っているとはいえ、
大きな魚の歯にラインが直接当たってしまうような時は心配です。

で、実際にこんな感じで使っています。

両端のスナップは自分が使いやすい物に変えています。
ペンシルを始め「操作系」のルアーだとアクションに影響が
出てしまいますので、あくまでも「ただ巻き」のルアーにだけ
使っていますが、トラブルも少なくなり、やはり安心感が違います。
確か5cm・10cm・15cmと長さにバリエーションがあったと思いますが、
私は長過ぎず、短過ぎずの10cmを使用。
今シーズン「Relax」をお使いの方、これはお勧めです!

もうひとつ、ご紹介。

「Relax」の販売ラインアップにはのらなかったカラー、
その名も「g_DAN(グリッター・ダンゴムシ)」。

グリッターベースの「ダンゴムシ」カラーです。
ルアーの形状からカラーリングを考察している時、
かなり早い段階で候補に挙げてはいたのですが、
複雑なマスキング工程故の不安定さがあり、
数個のみの“テスト塗装”となってしまいましたが、
ひっそりとお蔵入りというのも可哀想な感じなので、
せめてこのブログで紹介させて頂きます(笑)

もともと近い種なので当然と言えば当然なのですが、
特に甲殻の裾部分とか、ザリガニや海老なんかのそれに似ています。

裏側には実物と同じ7対・14本の「足」もあります。
ちなみに幼体の時、ダンゴムシの足は6対・12本なので、
このカラーリングは成体のダンゴムシです。

ルアーの話ばっかりしてたら、すぐにでも
釣りに行きたくなってきてしまいましたが、
「まだ寒い、まだ寒い」と自分に言い聞かせながら
今は目前の仕事に集中です。

ほんと……早くギラギラの夏にならないかしら。

 

| - | 13:03 | - | - |
大切なことは。

 

忘れないこと。

 

継続すること。

 

備えること。

 

Yahoo! —3.11企画—

https://fukko.yahoo.co.jp/?fr=top_evt311_pc

 

「3.11」と検索するだけで出来る応援があります。

 

“鮫革のキーホルダー”が可愛いです。

 

| - | 14:46 | - | - |
| 1/32PAGES | >>