「Relax」後日談、その2。

後日談、といっても、
「Relax」については前回で概ねお話してしまいましたので、
今回はちょっとしたご報告と大切なご案内です。

まずはご報告。

えっと……パッケージが無くなりました(笑)

長年使ってきましたシンプルホープのルアーパッケージ、
立ち上げ時にある程度まとまった数を作っていたのですが、
今回のリリースでほとんど使い切ってしまいました。

気に入っているデザインなので再度発注も考えたのですが、
私自身が少々見慣れてきた感もあり、
せっかくなのでこの機会にデザイン変更をしてみようと
新作を進めながら計画しています。ですのでおそらく、
次回からは新しいデザインのパッケージでのリリースとなる予定です。

で、ここからが「ご案内」なのですが、
このブログでもお伝えさせて頂きました通り、
ショップ様で販売して頂ける「Relax」の在庫はもう無いのですが、
実は私の手元に数個だけ残っておりまして、
なぜなら……それを納めるパッケージが無くなったから(泣)
正確に言うと「奇麗なパッケージ」がもう残っていないのです。
かれこれ10年近く前に制作した紙箱のパッケージ、
工房の一角に積み上げて保管しておりましたので、
下の方の個体には擦れ傷や少々の汚れがついておりました。
(その間、工房の引越しも何度かありましたので)
足りなくなった僅か数個のみを新しく発注する訳にもいかず、
使用には問題の無い少々の傷や汚れとは言え、
ショップ様にお渡しすることが出来ませんでした。

とは言え、ルアー自体はもちろん、中に敷いてあります
赤いインシュレーション(紙のワシャワシャしたやつ)も
今回のリリース用に準備した新品ですので、
皆様に使って頂けないまま放置状態もなんだか残念。

ということで、私の手元に残っております「Relax」数個を、
パッケージに少々の擦れ傷&汚れあり→その分お値引き、の、
いわゆる「アウトレット」として販売させて頂くことにしました。
販売方法は前回と同じく「ヤフオク」での「即決」となります。
(今回もネットショップ開店は間に合いませんでしたっ)
手元にある数個が完売するまで「即決」で早い者勝ち状態ですが、
近日中に出品する予定でおりますので、
「パッケージの汚れは気にしないぜ!」という方は
是非「ヤフオク」で「シンプルホープ」を検索してみて下さい!

 

『ヤフオク(Yahoo!オークション)』

https://auctions.yahoo.co.jp/


※ヤフオク検索ワード

 『シンプルホープ』『simple hope』


※今回はパッケージ(紙箱)に少々の擦れ傷&汚れがある為
 「アウトレット価格」での販売です。
※別途送料が必要です(詳しくは出品ページをご覧下さい)。

あっ、ささやかなオマケですが、
シンプルホープオリジナルのポストカードも付いてます(笑)

| - | 17:44 | - | - |
「Relax」後日談、その1。

新作「Relax」をご予約頂きました皆様、
お手元に届いておりますでしょうか。
ご購入頂きました皆様はもちろん、
シンプルホープのルアーを気になって下さった方々も、
本当にありがとうございます。
制作数を少しずつ増やしてはいるのですが、
今回もご希望のカラー・個数をご準備出来ない
状況になってしまい大変申し訳ございませんでした。

それから、前回のブログで「直接販売」のお話をさせて
頂いたのですが、その後、追加でのご注文をたくさん頂き、
在庫として私の手元に残る分は無くなってしまいそうです、
重ね重ね申し訳ございません!
(お取扱店様に数個程度の在庫がある可能性がございますので、
お探しの方はお手数ですが一度お問い合わせしてみてください)
後日、もしキャンセル等で1個でも2個でも手元に残りそうな時には、
またこちらでご案内の上「直接販売」させて頂きたいと
思っております、宜しくお願い致します。

さて、工房では既に次回作が進行中ですが、
その前に恒例(?)の「後日談」です。

今回も見えない内臓(コパー・ラトルルーム)の制作という、
とっても時間のかかる作業を行なっているのですが、
それ以上に時間がかかったのが「アルミリップ」でした。

昨年1月末の段階で「Relax」はまだこんな状態でした。
ボディーのサイズやフックの位置など、若干迷走中。
写真はダブルフックをマグネットで固定するバージョン。
お腹にはコロラドブレードが付いていますが、
思っていたほど効果的ではなかったので全却下。

ボディー形状を少し修正する度にリップのサイズやフォルムも
ガラッと変わるので、その都度1から作っているような感覚でした。
この辺りから「これ、量産出来るかな…」と不安が募ります(汗)

「出来る作業は可能な限り自分でやりたい」という気持ちと、
「そんなに複雑な形状ではないから…」という安易な考えで
1mm厚のアルミ版を素材に選び、手作業を始めたのですが、
これが考えていたよりずっとずっと大変な作業でした。

罫描きの段階。

穴あけ位置。

あ、既にバラバラになっておりますが、前の写真とこの写真の間に
半泣きのカット作業がありました。カッターを握りしめながら
「せえへん……こんなこともう絶対せえへんでぇっ!」と強く思いましたが、
喉元過ぎればなんとやら、で、またやってしまうかも知れません。
そもそもカッターで行なう作業ではないですよね、
分かってたつもりだったのですが、手作業に1mm厚は強敵でした。

この後も気の遠くなりそうな研磨作業や、
手のひらがどうにかなりそうな手曲げ加工が続き、
もはや行程の写真撮影などする気にもならず(笑)

 

でもその間に、無性に楽しい行程もありまして、
今回初めて取り入れてみた「打刻印」による文字の打刻。

少々の慣れは必要でしたが、イメージ通りになりました。
古くからのトップウォータープラッガーの皆様、
そうです、懐かしい「あのリップ」の感じです。

話が前後しますが、
全ての設定がほぼ確定した最終テストモデルがこちら。

広告にも載せておりましたが、この最終テストモデルでは
本当にたくさんの、そして大きなバス達を釣り上げました。
強度テストも兼ねてわざと乱暴に使っていたこともあり、
実物はもうボロボロです、本当にお疲れ様でした。
ここから少々の調整を行ない、いよいよ実制作に入りました。

後日談はあと少し続くのですが、本日はここまで。
「Relax」を手にして頂きました皆様、
もうすぐやってくる今年のシーズン、
是非フィールドに連れていって下さいね、活躍しますよ〜!

 

| - | 17:33 | - | - |
発送完了です。

本日、各ショップ様に新作「Relax」を
発送致しました。ご予約頂きました皆様、
本当にありがとうございます!

お手元に届くまで
今しばらくお待ち下さいませ。

また、今現在私の手元に残っております数個につきましては
(後日になりますが)前回の様に直接販売させて頂こうと
考えておりますので、ご予約が間に合わなかった方や
カラー違いでお探しの方はこちら(このブログ)での
ご案内をお待ち頂けましたら幸いです。

例によって「Relax」制作の“後日談”も
アップする予定です、是非ご覧ください!

 

| - | 20:10 | - | - |
お急ぎ下さいませ!

ご予約受付が始まりました「Relax」に関しまして、
全色「完売」となっておりましたショップ様でも
再度、各カラー「ご予約受付中」となりましたのでご案内させて頂きます。

大変有り難いことに、本日の時点でたくさんのご注文を頂戴しており、
間もなくご希望のカラー・個数をご準備出来ない状況になるかと思われます。
ご検討中の方は今がチャンス、ご予約は是非お早めに!

現在ご予約受付中のショップ様は以下の通りです。

●OPA!(オーパ!)
  https://www.opa-fishon.com/SHOP/sh90215.html

●Y-STYLE(ワイスタイル)
  http://www.y-style.info/index.html

今回も制作数の関係でご迷惑をおかけ致しますが、
宜しくお願い致します!
シンプルホープ 金谷直樹

| - | 13:43 | - | - |
「Relax」ご予約開始です!

下記のショップ様にて新作「Relax(リラックス)」の
ご予約が始まりましたので、まずはそのご案内から。

 

●OPA!(オーパ!)
 https://www.opa-fishon.com/SHOP/sh90215.html

 

●Y-STYLE(ワイスタイル)
   http://www.y-style.info/index.html

 

既に「完売」の表記となっておりますカラーもございますが、
私の手元に少々の在庫がある場合もございますので、
ご希望の方は是非一度ショップ様にお問い合わせ下さい。

また、Y-STYLE様よりご予約開始と共に今回も嬉しいコメント付きで
「Relax」をご紹介して頂いております、いつもありがとうございます。
実際にキャストして頂き、ルアーの特徴を的確にご紹介して頂いております、
Y-STYLE様ホームページの「ワイスタニュース」必読です!

さて、いよいよご予約が始まりましたので、
ご購入の際の参考になるように各カラーの詳細をご紹介したいと思います。

 

●ナナホシテントウ(7TEN)

Relaxの形状から「甲虫が欲しい」と思い、中でも親しみがあって、
尚かつ特徴的な模様を持つ「ナナホシテントウ」を選びました。
となれば、生物学好きの私は色々と凝りたくなってしまう訳でして、
例えばテントウ虫のあの「赤」の再現について。

忠実な赤色(朱色?)のペイントも試してみて、
確かにリアルなのですが……ちょっと違う(笑)
色々試した結果、今回は下地のバルサが透けて見える赤に決めました。
重ね塗りの透明赤に木材特有の「見る角度による色の変化」が反影されて、
忠実なベタ塗りよりむしろ生っぽく見えます。
余談ですが、黒い斑点模様を付ける前は
「……りんご飴みたいやん」と、ひとりで思ってました。

背中が賑やかなので、お腹はシンプルに「真っ黒」に仕上げています。

 

●キナリ・ナナホシテントウ(ki_7TEN)

ナナホシテントウの「赤以外」のカラーが欲しくて、
黄色やらオレンジやら、はたまた羽化直後のリアルカラーなど
色々と思案したのですが、今回「未塗装」だったテストモデルで
かなりの良い釣果だったことを踏まえ、
「ナナホシテントウ」×「キナリ」で出来上がったこのカラー。
色のコントラストだけで言うと6色中最も強いカラーです。

カラーチャートではいつも通りの「キナリ」に見えますが、
実は木目の部分全体に少量の小さな「金ラメ」が吹き付けてあります。
接写で撮影してみたものの、写真ではどうしてもお伝え出来ないので、
これはもう、このカラーを手に取って頂いた方のお楽しみという事で。
細かいラメが控えめにキラキラします。

今回この「ナナホシテントウ」を塗るにあたって
久しぶりにテントウ虫をじっくり観察してみたのですが、
私の記憶の中の単純な「黒い斑点」なんかより、形状も配置も
ずっと複雑である事に気付き、その辺りも再現してみました。
もちろん、必要なディフォルメを加えつつ、ですが。
「黒い斑点」それぞれの形状の違いも見て頂けたら嬉しいです。

 

●グリッター・ハナムグリ(g_HANA)

ふたつめの甲虫カラー「ハナムグリ」です。
こちらも比較的、皆様に馴染みのある昆虫ではないでしょうか。
モデルは実際に私が飼育している「シラホシハナムグリ」ですが、
種類が多いので総称して「ハナムグリ」とネーミングしています。
どの方法で再現するかを最後まで迷っていたカラーで、
最終的に「グリッターベース」となりました。

グリッターカラーなので、茶色いお腹もキラキラしています。
初期段階では腹部の蛇腹模様があったのですが、
必要以上にリアルになったので、本番では却下となりました。

ちなみに今回のモデルになった「シラホシハナムグリ」と、
名前も見た目もそっくりな「シロテンハナムグリ」という種がいますが、
今回は「シラホシハナムグリ」です(←無駄なこだわり)。

 

●グリッター・アマガエル・アザンティック(g_AMA_axanthic)

「Zipper」や「Panic」でもご好評を頂きましたアマガエルカラー、
今回はグリッター・アマガエルの「バージョン違い」をペイント。
色素を持たない「アルビノ」は聞き覚えのある方も多いと思いますが、
「アザンティック」は「黄色色素だけを持たない」個体のことです。
黄色色素を持たないので、黄緑色のアマガエルは美しい水色になります。
残念ながら私も自然界ではまだお目にかかった事はないのですが、
本当に珍しい個体なので、もし出逢えれば幸運が訪れると言われています。

実際の「アザンティック」アマガエルはとっても鮮やかな水色ですが、
今回はグリッターベースの水色で仕上げています。

普段は「クリーム色」を使うカエルのお腹も、
今回は「黄色」を引いた「真っ白」を採用、水色の足が付いています。

 

●パール・ネオン(p_NEON)

今回唯一「生物」ではないカラー、パール・ネオン。
カラーチャートではただの白に見えてしまいますが、
6色の中でも派手、というか、目がチカチカする感じで、
今回私がどうしても欲しかったカラー。
ローライトでの使用時に最も視認性に優れたカラーリングになっています。

写真では伝わりにくいのですが、ボディー全体が
「ピンクパール」の塗装によってボワッと光って見えます。

魚からいちばん見えるお腹も全てパール、
膨張色といった意味でも、かなりアピールの強いカラーです。

 

●マウス(MOUSE)

もう何年も前からカラーラインアップに上がっていて、
形状や使用パーツとの兼ね合いでずっと見合わせていた
「マウスカラー」を、今回ついに塗ることが出来ました。

この「マウスカラー」のみ、通常の「ペラ仕様」ではなく
「革製の尻尾」をセッティングしてあります。
ボディーより長いこの尻尾に水を含ませると、
ルアーの動きに連動してクネクネと艶かしく動きます。
「Relax」はもともと控えめサウンド設定ではあるのですが、
ペラ仕様より更にナチュラルにアプローチしたい時に活躍します。
※尻尾と同じ革製の「耳」も付いています。


クリーム色のお腹にネズミの足。
シンプルホープのロゴは黒です。


といった感じで、各カラーを個別にご紹介致しましたが、
ナナホシテントウやハナムグリのおかげで
とっても「春感」が強いラインアップになっている事に
今気付きました。意図したわけでは全くありませんが、
活躍の季節はこれからやってくる「春」になると思いますので、
ちょうど良かったかな(笑)


「ただ巻き」でしっかり釣れる「Relax」
皆様の春からの釣りに是非是非ご準備下さい!

シンプルホープ 金谷直樹

 

| - | 14:59 | - | - |
<< | 2/31PAGES | >>